体臭をきっちり改善!しつこい加齢臭でも自然に目立たなくなる魔法のステップ

加齢と共に感じるニオイ

スマイル

ノネナールが原因です

加齢臭といえば中高年の男性のニオイを想像しますが、中高年特有のニオイのことなので、男女問わず誰にでもあるのです。しかし男女では加齢臭を感じる時期が違います。女性の場合、女性ホルモンが皮脂量の分泌を抑制する働きがあります。そのため女性ホルモンの分泌が減少し始め、皮脂量が増えることでニオイ感じる傾向があります。一方、男性は60歳を過ぎる頃から男性ホルモンが減少し始めます。そして分泌される皮脂量が減り加齢臭も減少していきます。このように加齢臭を感じる時期は男女で異なりますが、ニオイを発生するメカニズムは同じなのです。若い時はほとんどないある種の脂肪酸が40歳を過ぎる頃から体内で生成され始めます。そしてこれが酸化や分解・発酵されることで加齢臭の原因となるノネナールを発生するのです。

ニオイを減らす工夫

加齢臭を感じさせなくする最も簡単で、すぐにできる対策は消臭スプレーです。肌に直接噴霧するデオドラントタイプもありますが、敏感肌の人は肌のトラブルを引き起こす危険性があります。ですから衣服などに噴霧するタイプがよいとされています。また加齢臭対策専用石鹸などを利用して洗い流す対策法もあります。しかし、これらはノネナールの発生を減らしているのではありません。加齢臭の根本を治すにはノネナールを作り出す脂肪酸の生成を減らしたり、脂肪酸の酸化や発酵・分解を抑制させることになります。ノネナールを発生させる脂肪酸は脂肪を多く含む食事を減らすことで減少できます。また酸化を防止する対策としては活性酸素の発生を減らすように心がけます。活性酸素はストレスや喫煙、紫外線などによって増えることが知られているので、これらを極力避けるようにします。さらに発酵・分解は皮膚にいるバクテリアなどが原因となります。そこでストレスをためこまず、皮膚バリアを整えるようにします。そしてバクテリアが増えない環境を作り出すことでバクテリアの異常増殖は阻止できるのです。